履歴書を捨てよ、外へ出よう

海に行きたい

白い砂浜で白い肌と黒い髪を持つ水瀬薫子が笑っている

 

街に行きたい

おしゃれした水瀬薫子はタンブラーを片手にウィンドウショッピングを楽しむ

 

水瀬薫子の世界には光が溢れ鳥たちは囀り花は微笑むのだ